• 旧裏 ブラッキー マークなし 美品
  • 旧裏 ブラッキー マークなし 美品
  • 旧裏 ブラッキー マークなし 美品
【第1位獲得!】 旧裏 ブラッキー マークなし 美品 【削除予定】その他
  • 当日発送
  • 送料無料

【第1位獲得!】 旧裏 ブラッキー マークなし 美品 【削除予定】その他

お気に入りブランド
販売価格 :

7,820税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
【第1位獲得!】 旧裏 ブラッキー マークなし 美品 【削除予定】その他
販売価格:¥7,820 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

ご覧いただきありがとうございます。
 旧裏  ブラッキー マークなし 美品 です。
 
■商品
・旧裏 ブラッキー マークなし(1枚)

■状態
・目立った汚れや傷はありません。
(コレクション保管していたので美品です。)

■その他
・ 経年品ですので細かな点が気になる方はご遠慮願います。
 
★以上、ご理解の上、ご判断ねがいます。 

商品の説明

ブラッキー 旧裏 マークなし
ブラッキー 旧裏 マークなし
ブラッキー 旧裏 neo2 by メルカリ
ブラッキー 旧裏 neo2 by メルカリ
2024年最新】Yahoo!オークション -ポケモンカード 旧裏面 ブラッキー
2024年最新】Yahoo!オークション -ポケモンカード 旧裏面 ブラッキー
2024年最新】Yahoo!オークション -ポケモンカード 旧裏 ブラッキーの
2024年最新】Yahoo!オークション -ポケモンカード 旧裏 ブラッキーの
ブラッキー 旧裏 マークなし
ブラッキー 旧裏 マークなし

最新のクチコミ

★★★★★

沖縄の歴史や文化が非常に詳しく書かれていてとてもよくわかります。何より沖縄出身の作者の声は心に響いてくるものがあります。

  • あっくんまま513
  • 21歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

会社の昇進試験に必要なため、購入。書店で探すより手っ取り早く、助かります。

  • あーや0525
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

名前は当然誰でも知っていますが、共産党の成り立ちを知っている人は、そんなに多くないでしょう。さまざまな資料を分析して一冊に纏め上げた苦労が随所に伝わってきます。頭が下がる思いです。

  • けめこ4866
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

日本はなぜ北に対して弱腰なのか謎だったが、これをよんだら理由が少しわかってきた。

  • なみできるもん
  • 25歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

いろんな総理がいたものと感心することばかり・・・ 昔は世論もおおらかだったと古き良き時代がうらやましい限り 今なら大問題も当時はそんなこともあるのかで許されたようで・・・

  • のんのん8492
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

「歴史」というものの残し方について、通常は古文書や資料に基づいて 綴られるのでしょうが、それとは別に「記憶」に基づいた歴史のあり方とい うものが存在し、それは特に近代においてとても重要な部分としてクロー ズアップされています。 とりわけ「戦争」に関してはその部分を省みずに、未来の平和を探るこ とはできません。広島・長崎に投下された原爆についても日本とアメリカ では全くそのとらえ方が違います。 戦争の記憶というのは戦地に行った兵士だけでなく、その家族や友人 をはじめ国全体を巻き込んだ複雑なものとなっていきます。また記憶の 大きさも個人の記憶から民族としての記憶、国民の記憶、そして政府の 記憶と様々な角度で語られることが多く、それぞれの記憶がいろんな思 惑をもって幾重にも重なりながら歴史を綴ってゆくのでしょう。 戦争を現実主義のなかで肯定してしまっても、ラブ&ピースを唱え理想 ばかりを声高に叫んでも、平和への近道とはならないでしょう。このような 「戦争の記憶」のなかから、民族や国家、宗教など人々の間に横たわる 問題を一つずつ解決していくしかないのでしょう。 それにしても内容が難しく、遅々として、なかなか読み進めることができ ませんでした。なんとなく伝わってくるものはあるのですが、果たして著者 が意図するところの何%を理解できたかわかりません。 少し前に読んだ、同じく藤原帰一氏の本「「正しい戦争」は本当にあるの か」と同様に、国際政治の観点から、現実の課題として「平和」を追求する ための指針になるような本だと感じました。

  • jimy jk
  • 41歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

国際政治学者の藤原帰一氏に音楽雑誌ロッキンオンの渋谷陽一さんと鈴木あかねさんがインタビューをする形式で、現在の国際情勢について解説してある本です。特に「戦争」ということに対する見解、どうするべきかというヒントを、しゃべり言葉で比較的わかりやすく表現してあると感じました。 「戦争」って悪いことだ、という概念が、9.11以来、いや湾岸戦争以来どこか怪しくなっていることは確かだ、となんとなく感じています。ついに中東まで自衛隊が行ってしまえるような法律までできて・・・でも全体としてそれを表立ってみんな反対してる感じも無い。我々の中にどこか「正しい戦争」ってのはあるんじゃないか、っていう感覚があるのではないか、という疑問から本書はスタートしています。 かつては「絶対反戦」という立場と「現実としての戦争」という立場が両極で向き合っていましたが、今の状況はそう単純ではなくなってきています。 本文の中の言葉で、カバーの裏にも抜き書きしてあった「現実に向かうと戦争を肯定する、理想を唱えるとハト派になるってそんなバカなことじゃない。現実の分析っていうのは、目の前の現象をていねいに見て、どんな手が打てるのかを考えることです」という一節が、とても印象的でした。 武力ありきで平和を語ることも、ラブ&ピースだけを唱え続けることも、なんの解決にもならないんですね。 いろんな角度から、この手の本としてはとても整理された内容だと思いますが、やはり一度では消化しきれない気がしました。とても大事な内容を含んでいるので、もう一度読み返して、できるだけ消化したいです。

  • おたまっ子
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★

近所の本屋さんになかったんで買っちゃいました。

  • tamayo217
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

知り合いに勧められて読んだんですが、様々な角度からパイプオルガンや公共ホールのあり方を論じていて興味深かったです。もっとパイプオルガンが市民に開放されて欲しいと思いました。

  • eponine5511
  • 45歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

当方も専門家なので、他人の選挙手法の参考のために買いました。選挙をまったく知らない人には参考書にはなるかと思いますが、これだけで選挙ができるかどうかはもちろん不明です。

  • もふもふ3869
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

この商品を見ている人におすすめ